« 先生はえらい | メイン | 証言と主体-甲野善紀・田中聡『身体から革命を起こす』 »

ヒッチコックxジジェク

スラヴォイ・ジジェク、河出書房新社 2005年1月 鈴木晶さんとの共訳。

ジジェクのEverything you always to know about Lacan but were afraid to ask Hitchcock 1992の全訳。どういうわけかまったく同一のタイトルの仏語版の本をジジェクは書いているけれど、内容は全く別もので重複しているテクストはない。変なの。
私が訳したのは、「運命の暗号」「第四の側面」「身体を持つことの不可能性」(ミシェル・シオン)と「ヒッチコック的サスペンス」「汚名」「皮膚と藁」(パスカル・ボニツェル)どちらも『カイエ・ドュ・シネマ』系のおしゃれな映画批評家。「第四の側面」はたいへんすぐれたヒッチコックのカメラワーク研究で、私はこれにはげしく触発されて(「まるっとパクって」ともいう)『映画の構造分析』の中のフーコー論を書かせていただいた。鈴木先生、シオンさん、メルシー!

About

2005年01月29日 18:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「先生はえらい」です。

次の投稿は「証言と主体-甲野善紀・田中聡『身体から革命を起こす』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35