« 呪いの時代 | メイン | 日本の文脈 »

街場の読書論

街場の読書論

街場の読書論/太田出版

ブログに書き散らした読書関連エッセイと、活字媒体に発表した文学と書物についてのエッセイのコンピレーション本。
1600円だけど、400頁あります。ずっしりすごい量。片手で持って電車で立ち読みしていると、上腕二頭筋が鍛えられます。

About

2012年04月13日 23:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「呪いの時代」です。

次の投稿は「日本の文脈」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35